クレジットカード現金化は計画的に使用しないといけない

クレジットカードのショッピング枠現金化では、実際に現金を手にすることは出来ますが、決して融資ではありませんので手に入れた金額に対して利息が発生することはありません。しかし、現金化した金額に対しての利息は発生しませんが、ショッピング枠を利用した分をカード会社に返済する際には、カード会社から返済時の利息を請求されることを忘れてはいけません。

つまり、ショッピング枠を利用すると言うことはカード会社からその商品代金を立て替えてもらっているということなのです。ですからカード会社への返済はもちろんしなければなりません。

カード会社によって利用金額に対して規定に基づく利息が加算され、その利息分も含めた返済をしなければならないのは当然のことです。カード決済の際に返済方法について一括払いやリボ払いといったように利用者が選択できるようになっていますが、クレジットカード現金化においてもこのような返済義務があるということを決して忘れないで下さい。

しかし、ショッピング枠の返済にかかる金利はカードのキャッシング枠を利用する際のおよそ半分程度ですので、キャッシングを利用するよりは返済が楽なことは確かです。そして出来るだけ早い時期に返済を済ませることが出来れば、ショッピング枠に再びゆとりが生まれますので、次に現金化が必要となったときにも利用することが可能です。

注意しなければならないのは、ここで返済が滞ってしまうと次の現金化は出来ませんし、最悪の場合クレジットカードの利用自体が止められてしまう可能性があることです。

このクレジットカード現金化のシステムは、品物の売買ですので、品物を売って手に入れた現金には利息は生じませんが、その品物を購入するための元手はカード会社から借りているということになるので、返済義務も利息も発生するのです。

要するに、返済さえしっかり出来れば大丈夫なのです。クレジットカード現金化を計画的に利用することが大切でしょう。上手にクレジットカードを利用してさえいれば、いつでも現金化をするための枠を確保できるというわけです。

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です