クレジットカード現金化の体験談

サラリーマンやOLをやっていると、仕事の憂さを晴らす楽しみの一つとしてお酒のお付き合いやコンパがありますよね。毎日がむしゃらに働いてストレスも溜まることでしょう。

そんなストレスを一気に発散してくれるのが、同僚や気の合う仲間と集まって居酒屋で酒を酌み交わし、おいしいものを食べておしゃべりに花を咲かせることではないでしょうか。しかし、人間というものはこういう場面でつい気が大きくなって羽目を外してしまいがちなものです。

そうなってしまうと、あらかじめ予算を決めておいたにもかかわらず、気が付けばうっかり予算オーバーなんてことになってしまいます。その場にいる人たちの中に大判振る舞い出来る人でもいれば良いのですが、大概このような場面では割り勘です。自分の懐が厳しい時に、クレジットカードのショッピング枠現金化を利用すると便利です。

すでに何度か現金化を利用したことのある人であれば、その場で業者に携帯からメールで現金化の申し込みをすることが出来ます。業者はクレジットカードのショッピング枠が利用可能かどうか確認がとれ次第、即座に口座へ申し込んだ金額を振り込んでくれます。

ネット銀行に口座を持っていれば、営業時間など関係なく振込が可能ですし、コンビニなどのATMで引き出せますから、お金が足りないなんて仲間の前で恥ずかしい思いをしなくて済みます。

しかし、このようなケースは最終手段だと思って下さい。あまりにも緊急を要する現金化では、換金率を低く設定している業者が多いからです。ですから、前もって分かっているコンパなどの前には財布にゆとりを持っておくためにも、事前に現金化しておくことをお勧めします。

だからといって、羽目を外して大盤振る舞いなんてことがないようにしましょう。一番大切なのは命とお金ですが、人間というものは精神論だけでは食べていくことは出来ません。お金で買える安らぎもあるものです。

クレジットカード現金化は計画的に使用しないといけない

クレジットカードのショッピング枠現金化では、実際に現金を手にすることは出来ますが、決して融資ではありませんので手に入れた金額に対して利息が発生することはありません。しかし、現金化した金額に対しての利息は発生しませんが、ショッピング枠を利用した分をカード会社に返済する際には、カード会社から返済時の利息を請求されることを忘れてはいけません。

つまり、ショッピング枠を利用すると言うことはカード会社からその商品代金を立て替えてもらっているということなのです。ですからカード会社への返済はもちろんしなければなりません。

カード会社によって利用金額に対して規定に基づく利息が加算され、その利息分も含めた返済をしなければならないのは当然のことです。カード決済の際に返済方法について一括払いやリボ払いといったように利用者が選択できるようになっていますが、クレジットカード現金化においてもこのような返済義務があるということを決して忘れないで下さい。

しかし、ショッピング枠の返済にかかる金利はカードのキャッシング枠を利用する際のおよそ半分程度ですので、キャッシングを利用するよりは返済が楽なことは確かです。そして出来るだけ早い時期に返済を済ませることが出来れば、ショッピング枠に再びゆとりが生まれますので、次に現金化が必要となったときにも利用することが可能です。

注意しなければならないのは、ここで返済が滞ってしまうと次の現金化は出来ませんし、最悪の場合クレジットカードの利用自体が止められてしまう可能性があることです。

このクレジットカード現金化のシステムは、品物の売買ですので、品物を売って手に入れた現金には利息は生じませんが、その品物を購入するための元手はカード会社から借りているということになるので、返済義務も利息も発生するのです。

要するに、返済さえしっかり出来れば大丈夫なのです。クレジットカード現金化を計画的に利用することが大切でしょう。上手にクレジットカードを利用してさえいれば、いつでも現金化をするための枠を確保できるというわけです。

クレジットカード現金化の使い方を教えます

クレジットカードのショッピング枠現金化を利用するために、現金化業者をネットで検索すると驚くほどの数の業者サイトがあることが分かるでしょう。その中のほんの一部を見て、どの業者サイトも同じように感じたら大変危険なことです。どの業界でも言えることですが、サイトを運営している業者の中には良心的な業者もあれば悪質な業者も存在するからです。

ネット上で宣伝広告を出す場合にも、ある程度の規制はあるのですが、現状では野放し状態といって良いでしょう。ですからクレジットカード現金化業者サイトを見るときには、いくつか注意する点があります。まずは、どこかに悪徳業者が潜んでいる可能性があることを忘れてはいけません。そして、つい目がいきがちな換金率ですが、換金率が高いというだけで現金化業者を選ぶのには大きな危険性が潜んでいます。

いくつのも現金化業者サイトを見ていくことも大切ですが、それにプラスして現金化業者の口コミ情報や評判を知ることも重要です。口コミ情報や評判の良い現金化業者サイトならば、良心的な営業をしている業者だと言えます。しかし、ネット上では業者が仕組んだやらせの口コミ情報などもありますので注意して下さい。

これら悪徳業者の罠を見極めるのは大変難しいのですが、そのような場合には中立的な立場からクレジットカード現金化業者を紹介しているサイトや現金化業者ランキングサイトなどを合わせてみてみると良いでしょう。それらを見ていけば分かると思いますが、あまりにも高換金率を掲げる現金化業者や怪しいと考えた方が良いと言えるでしょう。

そもそも、クレジットカード現金化業者は換金率によって自社の利益を生まなくては事業自体が成り立ちません。業者もボランティアで現金化をしているわけではありませんので、高い換金率ばかりを謳い文句にしている業者は選ばない方が懸命と思われます。